What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

多読中
http://kida-journal.hatenablog.com/


近況 18_02_15

スポンサーリンク

DSC02017

山で大きく息を吸い込むと、もう春だと感じます。冬の終わり、春のはじまりを告げるのが節分です。正月の期間を松の内と呼び、門松などの松飾りなどによって山のスピリットを里の家に招きます。その期間の終わりにあたるのが節分です。冬は植物がエネルギー溜め込む期間であり、それを「殖ゆ」といい、転じて「冬」となりました。「春」は、その溜まったエネルギーで蕾がぱんぱんに「張る」ことなのです。

 

さて、2018年を迎えてから、最近まで、植物が春を迎えるようにエネルギーを溜めていました。天気が悪いことを言い訳に、家に引きこもってずっと読書をしていたわけですが。特定のテーマの書物をまとめて読み込むのにいい時期だったようです。今年最初の近況に、「一年の計は元旦にある。何事もスタートが肝心だ。ただ一歩目をはやく踏み出せばいいのではない。それよりも、どの方向に踏み出すかが大事なのはいうまでもない。だから、一年のはじめに気を整える。」と書いたように、スタートを切るための準備もようやく終えようとしていて、気づけば、日がすこしずつ長くなりました。これから気候は過ごしやすくなっていくのでしょうから、どんどん動き回ろうとおもいます。

 

最高の師は、答えを示さずに、進むべき道を示すのだとおもいます。いつ動くのかは、自分で決断しなくてはいけません。動くためには健康でなければいけませんし、荷物も少なくしなければいけません。だから、なにごとも準備が大切だと、節分を迎えた春のはじめにおもいます。そして、動き出すタイミングもまた、自然の教えから学ばなければいけないとおもう今週です。なにかに迷ったときには、歴史や文化に立ち返ることからはじめます。