What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


近況 17_11_09

スポンサーリンク

DSC01054

いまは復活しましたが、ここ一週間ほど日課にしていた読書を離れていました。ちょっと間をあけてみようと思って。それは苗床を整えるといったところでしょうか。情報をあまりいれないようにしていると、内側から、いままで入れ込んだ情報が溶けながら混ざり合って違うものとなってでてくるのがわかります。これは明らかなコピーミスです。本で読んだことがぼくのなかに入り、そのなかでぐちゃぐちゃ混ざり合って、出てきたときには違うものになっていたのです。たとえば、今まで見ていたものの見方が変わったり、前に読んだ本をもういちど読むと違う感想を持っていたりといった具合に。

 

「生命は情報複製によって進化してきたが、たんに複製していては多様性は生まれなかった。多様性はコピーミスがつくったものだ。そこに環境との相互作用が生まれて多様性がつくられた。」(松岡正剛、ドミニク・チェン『謎床』より)と先月読んでいた松岡正剛さんが言っています。本来、そのコピーは完璧なもので、子孫にも完璧に受け継がれていくものなのでしょう。しかし親と子は似ているとはいえ、おなじ顔ではありませんし、ましてや性格も違います。ここに明らかにDNAのコピーミスがあります。そうして、コピーミスと風土によってひとの多様性が生まれました。それは文化にも言えるのではないかというのが、ミームです。ぼくはミームが好きなんです。

 

それで、いまそのコピーミスと風土から生まれる多様性、こと日本の文化独自の編集方法を学びたいとおもっています。先日立ち寄った書店で、10月にぼくが勝手に特集した松岡正剛さんとドミニク・チェンさんの共著『謎床』を手に取ると、まさにこのことが書かれていました。加えて、世阿弥『風姿花伝』を読んでいます。岡本太郎は「日本のすごいことというのは安易な説明ではできないんだ」といっています。まだまだぼくの読書の秋は続きます。

 

P.S. 「ひとは望んでいるものしか手に入れられない」ようです。