What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


RX100初号機からRX100M5に変えてわかったこと 同じ姿形なのに使い方が変わったのはソフトの進化のせい

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20170109182643j:plain

f:id:toshikida:20170109182657j:plain

f:id:toshikida:20170109182812j:plain

f:id:toshikida:20170109182819j:plain

RX100M5

デジカメを買い換えた。SONYのコンデジRX100初号機から、同じシリーズで最新のRX100M5。初号機は2012年に発売された。現行のものと姿形はほとんどおなじ。形は変わっていない。

今欲しいと思うものがある

・Wi-Fi搭載

以前にWi-Fi付きのSDカードについて書きました。RX100m5本体にWi-Fiが付いている。あとはSDカードを買うだけ。

 

・自撮りができる

液晶がギュイーンて動かせる。それによって、自撮りができるようになった。(僕はほとんど使わないだろうけど。)携帯電話のインカメより断然画質がちがう。そりゃそうだ。前方を撮るのと同じレンズだから。ただ液晶がギュイーンてなるだけ。

 

動画機能がやばい

 

・HFR(ハイフレームレート)

HFRはスローモーションの動画撮影のこと。これはすごい。こんな小さなカメラでこんな動画が撮れるのかと。

 

・5軸手振れ補正でぶれない

 

静止画もやばい

・連写がやばい

・サイレントシャッターでシャッター音なし

・レンズが明るくなった

・シャッタースピードが1/2000から1/32000

 

何が変わったか 

なんて、カメラの性能をこんなとこで、ぺちゃくちゃいっても仕方ない。(途中から文章の勢いがなくなって失敬。)僕はカメラに詳しくない。説明ならウェブサイトに書いてある。(使ってみて、ヤバいとおもったのは確かです。)とまあ、カメラそのものの紹介より、そのカメラを使ってどんな写真が撮れるかのほうが大事だ。ばんばん撮った写真をどんどんアップします。

 

それで、カメラを買い換えて感じた、違いはなにかというと、中身だ。中身が変わったことで使い方が変わった。全く別のカメラになったような感覚。カメラ自体はキレイな箱だが、その本質は、ソフトウェアにあって、モノも、組織も、ヒトも、美しい箱だけれど、本質はソフトウェアにあるにちがいない。RX100シリーズの進化よりそう感じた。

 

このサイズで、いいところすべてを詰め込んだRX100M5。少々値は張るが、買って後悔はない。

追記(2017.07.10)

先日RX100M5の修理のため、サブカメラとしてRX100初号機を1週間使っていました。使い比べてみると、違いがくっきりと浮き彫りになりました。起動の速さ、ズームの滑らかさ、ピントの速度など、ちょっとした機能の向上でここまで使いやすくなるんですね。