What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


RX100初号機からRX100M5に変えてわかったこと 同じ姿形なのに使い方が変わったのはソフトの進化のせい

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20170109182643j:plain

f:id:toshikida:20170109182657j:plain

f:id:toshikida:20170109182812j:plain

f:id:toshikida:20170109182819j:plain

RX100M5

コンデジを買い換えました。SONYのコンデジRX100初号機から、同じシリーズで最新のRX100M5です。初号機は2012年に発売され、現行のものと姿形はほとんどおなじです。

今欲しいと思うものがある

・Wi-Fi搭載

以前にWi-Fi付きのSDカードについて書きました。RX100m5本体にはWi-Fiが付いていて、SDカードを買うだけで、手軽にスマホにカメラで撮った写真を転送できます。これ、かなり便利です。

 

・自撮りができる

液晶がギュイーンて動かせます。それによって、自撮りができるようになりました。(僕はほとんど使わないだろうけど。)携帯電話のインカメより断然画質がちがって、そりゃそうで、前方を撮るのと同じレンズを使うのだから。ただ液晶がギュイーンてなるだけ。

 

動画機能がやばい

 

・HFR(ハイフレームレート)

HFRはスローモーションの動画撮影のこと。これはすごい。こんな小さなカメラでこんな動画が撮れるのかとおもうと、夢が膨らみます。

 

・5軸手振れ補正でぶれない

5軸手振れ補正にはほんとうに驚かされます。動画撮影時に、手ぶれ補正機能をオンにしていると、 もう三脚なんていらないんじゃないのかとおもえるほど、動画がぶれません。

静止画もやばい

・連写がやばい

・サイレントシャッターでシャッター音なし

・レンズが明るくなった

・シャッタースピードが1/2000から1/32000

 

何が変わったか 

なんて、カメラの性能をこんなとこで、ぺちゃくちゃいっても仕方ありませんね。くはカメラに詳しくはありません。カメラの説明はウェブサイトに書いてあるのでそちらを頼ってください。とまあ、カメラそのものの紹介より、そのカメラを使って撮った写真をどんどんアップします。

 

そうそう、それで、カメラを買い換えて感じた、違いはなにかというと、中身です。ソフトウェアです。ソフトウェアが変わって、カメラの使い方がまったく変わりました。たとえば、シャッタースピード1/32000で撮影すれば、画像はほとんどブレないので、車の窓からでもピントの合った写真が取れるようになりました。カメラ自体はキレイな箱ですが、その本質は、ソフトウェアにあって、モノも、組織も、ヒトも、美しい箱だけれど、本質はソフトウェアにあるのだとおもう。RX100シリーズの進化から、そう感じました。

 

このサイズで、いいところすべてを詰め込んだRX100M5。少々値は張りますが、いい買い物です。

追記(2017.07.10)

落下による破損で、先日RX100M5の修理のため、サブカメラとしてRX100初号機を1週間使っていました。使い比べてみると、違いがくっきりと浮き彫りになりました。起動の速さ、ズームの滑らかさ、ピントの速度など、ちょっとした機能の向上でここまで使いやすくなるものなんですね。