What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


普段使いのカメラについて

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20170105112030j:plain

 

ぼくはカメラの詳しいところを知りません。そうは言っても、いい写真を撮りたいと思っているし、ある瞬間を写真や動画として残すことが大切だと思っているから、ぼくは真剣にカメラを選びました。ぼくがカメラを買ったときに考えたことを記録しておきます。

 

携帯以上の描写力と多機能であるか

ぼくの写真に対する不足を補ってくれるカメラがいい。きれいな写真(解像度の高い、画素数のある)を撮るのなら、携帯電話のカメラだってかなりいい。ただいくら良くなったとはいえ、まだカメラ(ちゃんとしたカメラ)には、追いついていないとおもっています。カメラでしか撮れないものはおもったよりあります。もうひとつは、オートフォーカスの速さ、5軸手振れ補正や連写などの多機能だということです。ピントの合った写真をたくさん撮れば、その中に一枚くらい、いい写真があるはずでしょう。(もちろん一枚一枚はこれがサイコーだと思って撮るべきですが。)

 

考えてみると、カメラの性能が上がって、値段が安くなればなるほど、大事なのはアイデアや写真に写っていないところにある物語だということは想像難くありません。

 

ポケットに入れられるサイズ

どんなカメラも持ち運べるけれど。ただ一眼レフはやっぱり重い。理想は、軽くて、描写力のあるカメラです。重いものを持って山を登るのと、何も持たないで登るとではどちらが楽なのかは想像しやすい。カメラは現場で撮影するものだから、持ち運ばなくてはいけません。ということは軽いカメラは移動距離が伸びるんです。そうい考えれば、一眼レフなどの重いカメラで撮れない写真があるはずです。シャッターチャンスを逃さないのは、簡単に取り出せるのは、ポケットに入っているからなんです。

 

USBで充電できる

これはかなり重要な問題です。専用のバッテリーチャージャーでしか充電できないとなれば、いつでも持ち運ばなくてはいけないし、コンセントを探さなければいけません。USBで充電できるなら、パソコンからでも、車でも可能、コンセントでも充電できます。ぼくが使っているカメラは、アンドロイド端末の充電器に対応しているので、それだけで荷物が少なくなります。緊急の場合コンビニでもコードは買えます。USBで充電できるかどうかは大切なポイントです。

 

ぼくが使っているのは

これらをひっくるめて、ぼくは、SONYのRX100M5を使っています(最近、初号機から買い換えました。)ポケットに入り、気軽に持ち運べます。(iPhoneより小さい)(バッテリー、SDカードを含めて300g)静止画も十分満足のいくものです。4K動画も撮影可能です。このカメラはやばい。このサイズなのにこの機能ってところが売りです。ちょっと値が張るけれど、いいものはいい。コンデジもここまで来ました。α7といい、いまはSONYが来ています。