What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


パタゴニアのハイロフトダウンフーディー ダウンさえあれば冬を快適に過ごせるんじゃないのか

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20170129172224j:plain

f:id:toshikida:20161213094709j:plain

 

冬にアウターとして着ようと思って、ナノパフを購入したものの、これではダメだ寒すぎると断念した。やっぱりダウンが必要だ。なんならダウンさえあれば冬を快適に過ごせるんじゃないのか。というわけで、パタゴニアのハイロフトダウンフーディーを購入した。ダウンセーターフーディーとハイロフトダウンフーディーで悩んでいて、実物を見ないことにはわからなと思って、直営店に出向いて、試着して、パタゴニア店員に相談して購入に至った。これで冬が快適になる。

 

動かないときに着るもの

パタゴニアに限らず、アウトドアウェアを買うときには、どういう目的で着るのかを考えてから購入するのをお勧めします。僕がダウンを購入しようと思ったのは、冬の寒さの中で体を動かさなくても暖かくする必要があったからです。(雪山じゃない冬の山などで着用予定)

 

動かないので汗はほとんどかかない。そのため速乾性よりも、防風性、保温性に優れていなくてはいけない。それらを優先に考えるなら、ならやっぱりダウンしかない。最初はナノエアフーディーを考えていたけど、風を通すので、動かないときには、不向きのようだ。アクティビティーをしないならダウンのほうがいいというより、ダウンじゃないといけなんじゃないだろうか。もちろん、インサレーションに何を着るかも大事だから、それは寒さによって変えようと思ってます。

 

ダウンセーターとハイロフトダウンの違い

これは試着しなければわからなかったことだけれど、ダウンセーターとハイロフトダウンではダウンの厚みが明らかに違う。ハイロフトダウンの方が、ぷっくらしていて、見た目もダウンらしいダウン。なのに、めちゃめちゃ軽くて、羽毛ぶとんを羽織っているよう。

 

ダウンが入っている縫い目のサイズが、ダウンセーターとハイロフトダウンでは違ってて、ハイロフトダウンの方が大きい。この二つのダウンの量は同じだけど、ハイロフトダウンの方が縫い目が大きいため、ダウンが立って暖かいようだ。

 

ダウンセーターもハイロフトダウンもどちらも、パタゴニアでは定番のポケットにぐいぐい押しこむようにしてコンパクトにできるから収納に役立つ。ただダウンの厚みの差で、ダウンセーターの方が収納したときには小さくなる。

 

ときには、ダウンセーターはインサレーションとしても着れる。それくらいスリムなダウンなのです。ハイロフトダウンはインサレーションとして着ないほうがいい。

 

サイズはというと、僕は166cm、60kgでXSでピッタリでした。

 

アウターとして着るなら

アウターとして、ダウンとしての暖かさなら、間違いなくハイロフトダウンを選ぶべきだ。これでダウンを手にした。冬のすっきり晴れた夜に、さっとダウンを羽織って、ぶらっと星を見に行こうと思う。快適に。