What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


コピーすることからはじめて、オリジナルを見つけていく

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20161017165616j:plain

 

空気がひんやりしてきたら、熱いコーヒーが抜群ですね。エアロプレスが、家でコーヒーを淹れるのに最適だ!なんて言っていますが、それは、おいしく淹れるためのレシピがあるからなんです。

 

WAC(World Aeropress Championship)というエアロプレスで淹れるコーヒーのコンテストがあって、そのチャンピオンのレシピが公開されています。いいコーヒー豆と水を用意して、レシピ通りコーヒーを淹れれば、誰でもおいしいコーヒーが自宅で比較的簡単に飲めるというのが、エアロプレスのいいところです。 というわけで、WACの2015年度チャンピオンのレシピを翻訳して、僕なりに家で淹れる用にすこし手を加えました。

 

 

KAYE JOY ONG, PHILLIPINES

ワールドエアロプレスチャンピオンシップ2015 3位

材料

  • コーヒー豆(極細挽き)・・・22.5g
  • 水・・・280g(79℃)
  • フィルター・・・ペーパーフィルター
  • 抽出方法・・・inverted(逆さま)

作り方

  1. 豆を挽いて、エアロプレス(inverted)に入れます
  2. 水を79度まで温めます
  3. 温めた水56gをエアロプレスに注いで軽く混ぜます
  4. 30秒間、蒸らして待ちます
  5. 60秒かけて、残りの水を注ぎます
  6. 30秒かけて、プレスし抽出します

 

NICK HATCH, CANADA

ワールドエアロプレスチャンピオンシップ2015 2位

材料

  • コーヒー豆(極細挽き)・・・17.5g
  • 水・・・260g(85℃)
  • フィルター・・・ペーパーフィルター
  • 抽出方法・・・upright(ノーマル)

作り方

  1. 豆を挽いて、エアロプレス(upright)に入れます
  2. 水を85度に温めます
  3. 温めた水50〜60gを注ぎ、5回混ぜ、25秒間蒸らします
  4. 20秒かけて、残りの水を注ぎます
  5. 60秒かけて、冷やしたカップに、ゆっくりプレスし抽出します

 

 

LUKAS ZAHRADNIK, SLOVAKIA

ワールドエアロプレスチャンピオンシップ2015 1位

 

材料

  • コーヒー豆(極細挽き)・・・20g
  • 水・・・230g(79℃)
  • フィルター・・・ペーパーフィルター
  • 抽出方法・・・inverted(逆さま)

作り方

  1. 豆を挽いて、エアロプレス(inverted)に入れます
  2. 水を79度まで温めます
  3. 温めた水60gを15秒かけて注ぎ、15秒間エアロプレスを揺すります
  4. 10秒かけてのこりの水を注ぎ、45秒かけてプレスし抽出します
  5. エアロプレス本体にある数字の1まで来たらストップして完成です

レシピ通り作ることからはじめます

 

ギブスンやフェンダーでビートルズのベースラインを夜明けまでかかってレコード・コピーし、かつてビートルズたちが使っていたのとおなじアンプやスピーカーを使って音を出し、レコードと同じ音が出た!という感激を自分の手で自分のものにするところから、コピーではない自分自身のものをつくりだしていく道が見えてくる。(片岡義男「道具 アタマとカラダを取り返す時」より)

 

レシピを貼り付けましたが、はじめてやることや、わからないことが多いときは、まず動画を見ながらはじめます。言葉で説明しただけでは分かりにくいものです。より詳しいことやリアルなことは、言葉より動画で見た方が明確で、文字よりも伝わりやすいのが動画の特徴です。見るだけでいいですもんね。

 

たとえば、ペーパーフィルターを濡らすとか、エアロプレスを揺するなんて、言われても、はっきりわかったもんじゃない。揺らす?言葉ではわかるけど、動画を見ればどう揺らせばいいのかまでわかります。それから、だいたいコツをつかんできたら、文字を読みます。コンテストで優勝した本人がレシピ通りに作っている動画を貼り付けておきました。コピーすることからはじめて、自分のオリジナルを見つけていく、というのは、どの時代も同じようです。かつてのロックバンドロックバンドもそう。違うのは、現在では、それを可能にする技術が整っていることです。

 

21世紀の作法(またまた出てきました)

 

インターネットが普及してわかったことは、21世紀の作法はオープンでないといけないということ。エアロプレスのレシピはネットに無料で公開され、動画もYoutubeにある。「ノウハウはただにする」と今読んでいる本にある。(この本についてまた書こう、すごいおもしろいので)オープンなところに人が集まるのが21世紀なのだろうと、エアロプレスに思う。メディアの変容もやはり次の段階にきた、バックミンスターフラーの言うように。(やっぱり彼はすごい50年前にそういってるんだもんな。I'm a huge fan of him)