What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


パタゴニアのバギーズ・ショーツは、夏の定番

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160706222823j:plain

 

定番というと、おきまりのもの、スタンダードといった意味になるでしょうか。夏の定番というと、この暑さに対して、とても頼りになるもののことでしょう。その暑い夏には、二通りの対処法があって、周りを変化させる方法と、自分を変化させる方法がそれです。前者は、エアコンで部屋を涼しくさせるといったようなもので、後者は、体や服を夏仕様にするといったところでしょうか。

 

僕はというと、自分の周りの環境を変えるより、環境に自分を対応させたいと思っていて、そう考えると、夏に、なぜパタゴニアのバギーズを履かないのか、不思議でなりません。そう、汗をかいても、急な夕立にも、川に飛び込んでも、すぐに、服が乾けばいいわけで、そうすれば、着替えは必要なく、むしろ積極的にこちらから濡れに行くことができます。仕事終わりに、不意に、あー川に飛び込みたいと思えば、飛び込める、そういうふうに強気に夏が過ごせます。なにより、気軽に履けるのに、かっこいいんですよね。

 

バギーズ・ショーツ5インチ(股下13cm)を履いたときに感じたこと

バギーズ・ショーツは、ズボン丈を選べますが、僕は、一番短いバギーズを購入しました。夏に肌を隠すのではなく、おもいっきり出す。なにも隠すことなんてありません。

  • 13cm(5インチ)は短いと思ったけれど、使ってみると、こちらのほうが楽
  • ナイロン100パーセントだけど着心地がいい
  • ポケットが3つあって(前に2つ、後ろにひとつ)、前のポケットは深いので物が落ちにくく、後ろはボタンが付いています
  • 内側にメッシュのライナーがついている
  • サイズは166cmのウエスト31インチ(76cm)の僕で、Sサイズでちょうど

購入して以来、家で毎日履いています。バギーズのない夏なんて考えられません。