What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


旅行のときには、思い切って、20リットル以下のバックパックで

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160517232917j:plain

 

f:id:toshikida:20160517232849j:plain

 

 

旅行のときに、荷物を減らすのに最も効果的なのは、チェックリストを作ることでも、旅程を減らすことでも、気合いを入れることでもありません。実は、カバンを小さくすることなんです。思い切って、20リットル以下のバックパックで旅行に行くことを、ぼくはすすめています。

 

カバンに入る荷物の量を制限してしまう。そうすると、あれもこれもがカバンに入らない。どれか家に残していかなければいけない。実際に持って行って使わないものなんて、たくさんあって、結局のところ、宿泊数分の下着と、タオル(池内オーガニックのオーガニックエアーのフェイスタオル3枚で事足りることが判明)、洗面用品と数冊の本とバッテリーと貴重品さえあれば、なんとかなる。

 

以前に「20代の旅のスタイル」で、『弾丸旅行のポイントは、だれもが「これ無理でしょ」と思っているところ。そこに行ったことがない人の「それは無理やろ」って言うなんの根拠もない話を聞かずに、とにかく自分の手で計画を立てて実行する。案外行けるもんです。実際に阿嘉島まで行って、帰ってきて、月曜日から仕事しました。』と書きました。そうです、弾丸旅行のもうひとつのポイントは、荷物を少なくすることなのです。そして、カバンを小さくする、がその具体的な方法なのです。

 

ぼくが購入したのは、パタゴニアのリンクド・パック(Linked pack)です。これ16リットルなんです。クライミング用に開発されているので、カバンの口が大きく開きます。写真を見ると落ちるんじゃないかと思うかもしれませんが、ストラップで締めれば中の荷物は落ちません。外側と内側にファスナー付きのポケットがあります。胸、腰をストラップで固定でき、移動のときに締めれば気分を害することはありません。

 

20リットルのバックパックがたくさんある中で、ぼくは、多用途かどうかで選びました。パタゴニアの店員の方と話していると、「ぼくもサーフィンに行くときに使っているんですよ。騙されたと思って買ってみてください。めっちゃ使い勝手いいですよ。」とのひとことで購入しました。どういう用途で使っているのか聞いたところ、トートバックみたいになんでも放り込め、トレランでも使っているし、サーフィンにも、日常でだいたい使っているようです。素材は丈夫に作られているので、破ける心配がなく、雑に使えます。

 

カバンを小さくすると、何がいいのかというと、移動がスムーズになります。許容量が限られているので荷物が必然的に少なく軽くなり疲れにくくなります。たとえば、飛行機mp搭乗の際に機内に持ち込めるのでロストバゲッジの心配がなく、現地到着後すぐに移動できます。何より、荷物が軽いことは旅先で歩き回りたいぼくにとっては、とても重要なんです。「時間のゆとりがあったら、できるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを教えられる。」と宮本常一は言っています。荷物を減らして、身軽になるというのは、旅先だけでなく、実生活でも言えるんじゃないでしょうか。旅行は20リットル以下のバックパックで。