What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


池内オーガニック京都店 おしぼりが含むことのできる水分のことなんか気にもかけたことがなかったのに

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160314223205j:plain

 

昨年に、北九州の寿司屋で手に持ったおしぼりのことが、忘れられません。いつも使うおしぼりと違って、手に持ったときに、思っていた以上の重量を感じ、その瞬間に、普通でないことに気が付きました。おしぼりが含むことのできる水分のことなんか気にもかけたことがなかったのに、それ以来気が気でないのです。

 

愛媛県今治市で作られるタオルは、品質が素晴らしいということを、聞いたことがあるはずです。その今治タオルを作るメーカーのひとつ、池内オーガニック京都店に行ってきました。 地下鉄烏丸御池駅から、三条通りに出て、東に向かって、5分くらい歩いたところにあります。 

 

今治タオル最高です。最高のタオルということを知っていましたが、最高のタオルってなんなのかと疑問に思い、そういえば触り心地や使い心地は知らないので、行って試して見ないといけないなと思い立ちました。 誰が言ったかわからないのに、いいと言われるものでも、自分の手にとって使ってみなければ、本当にそれがいいのかわかりません。購入して、生活の中で 、何回も使ってはじめて、自分に合うよさがわかると思うのです。

 

さて、店舗内にある洗面台では、手を濡らして、気になるタオルで手を拭いて、使い心地を試すことができます。そこで、使われているタオルは、100回以上洗濯されたものです。タオルの使用感は、新品のときよりも、使いこんだときの方がリアルです。試しに使うタオルが使い込まれているものなのは、タオルの耐久性に自信があるからなのだと思います。欲を言えば、シャワーを浴びたあとに、バスタオルを使ってみたい。近くに銭湯があって、レンタルで借りれたら最高だな。

 

今治タオルが、他のタオルと大きく違うことのひとつに、水の吸収量があって、それなら、大きいバスタオルを持っていなくても、小さなタオルで十分に体を拭き取れるのではないのかと思ったのです。なぜ小ぶりのタオルを求めるのかというと、荷物を小さくまとめたいからです。バスタオルがフェイスタオルに変わると、旅行の荷物が減らせます。洗濯物も減れせます。その上、使い心地がいいなんて、最高じゃないですか。

 

そうなると、求めるものは、「サイズ」と「速乾性」です。今回は、定番のオーガニック120を購入しました。あと、気になったオーガニックエアーのフェイスタオルも。タオルの編み込みの違い、サイズの違いを、日常で試してみて、吟味したいと思います。定番のものが定番と呼ばれるまでに使い込まれ、愛されていることに強く惹かれます。

 

そういえば、店内でずっとビートルズのLP盤が回っていました。アンプはTEACでした。聞けば、社長がビートルズ好きなんですって。定番のものが愛されるのと、ビートルズが愛されるのにも、なにか関係性があったりするのかもしれません。なんにせよ、ビートルズの流れる店に悪い店はない。