What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


小鹿田焼き 使ってはじめて器と呼ぶ

スポンサーリンク

2015年10月、福岡でのこと

 

f:id:toshikida:20160301125831j:plain

f:id:toshikida:20160301125731j:plain

f:id:toshikida:20160301125740j:plain

f:id:toshikida:20160301125751j:plain

f:id:toshikida:20160301130123j:plain

 

 

昼過ぎに小倉を出て小鹿田へ。大分の日田インターを降りて、川に沿って山に向かっていきます。しばらく、くねくねの道を登り、不安になりはじめたころ、小鹿田の集落が見えてきました。ちょうど小鹿田では民陶祭が行われてました。10軒ある窯元の軒先に、焼き上げられた器が並び、遠くのほうで川の水を利用した唐臼が鳴り続いています。

 

軒先には、大皿や小皿、茶碗に、湯飲み、箸置き、花瓶、お猪口などが並べられていました。「焼き物が並べられていた」と言うと、美術館の展示のように「これは大切なものですよ」という雰囲気の並びを、思い起こします。そんなたいそうなものではありません。食後に食器を洗って、水滴をふきんで拭き上げて、食器棚に置くいつものように、並べられていました。そういうところから、小鹿田焼は、よそゆきのときに、特別ていねいに使うものではなく、普段使いの焼き物だとわかります。(ご存知、乱暴に床に投げつければ割れます)

 

軒先を物色しながら歩いていると、売り物に混ざって、花が生けてありました。たまたま、その軒先にだけ置いてあると思いましたが、別の軒先にも、また生けてありました。材質や色づかい、飛びかんななどの装飾、全体のスタイルを見ても、軒先に花瓶として使われている小鹿田焼は、飾られ並べられているときには、とうてい真似のできない良さがあることに気づきます。

 

器は使ってはじめて、器と呼ぶのだと、小鹿田焼きの里で思いました。