What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


パタゴニアの基本の着かた パタゴニアを買う前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160207174551j:plain

 

パタゴニアのウェアを着るときにいちばん大切なのが、レイヤリングです。ウェアには、それぞれ役割があって、気候やアクティビティに合わせて、組み合わます。それをレイヤリングと言っています。正しいレイヤリングをしないと、パタゴニアのウェアであろうが、いくらお金をかけようが、期待外れに終わります。

 

雨風を防いでくれるのを頼りに、レインシャドー・ジャケットを買いました。その冬、シャツにレインシャドー・ジャケットを合わせて着ていたら、すごく寒くて驚いたのを覚えています。このときぼくは重大なミスを犯していました。フリースなどのインサレーションを着ないで、ベースレイヤーにレインシャドー・ジャケットを着ても、それほど暖かくありません。レインシャドー・ジャケットは高性能カッパです。



レイヤリングの機能

レイヤリングは重ね着のことです。レイヤーとは、層のことですね。冬ならだいたい服を3枚重ね着します。(気候やアクテビティ、状況にによってかわりますが)それによって、雨風を防ぎ、温かさを保ち、汗を乾かします。パタゴニアのウェアは、アクティビティをするために作られているので、基本のルールのようなものがやっぱりあります。

 

ベースレイヤー(肌着)は、汗を吸収して乾かします。冬の汗は急激に体を冷やす原因になるので危険です。夏だと瞬く間に汗を乾かしてくれます。ベースレイヤーは必須です。出し惜しまずにいたいところです。環境やアクティビティによって、着るものが変わるため、多種多様なものを持っておきたいです。キャプリーンやメリノなどがあります。

 

インサレーション(中間着)は、体を温めます。通気性を持つフリース、耐水性、防風性のある化繊ジャケット、保温性を発揮するダウンセーター。気温や天候によって、中間着も変えなければいけません。Rシリーズのフリース、ナノパフ、ダウンセーターなどがあります。

 

ハードシェル(アウター)は、雨や雪、風を防ぎ、体がかいた汗はうまく逃がしてくれます。ゴアテックスはアウターです。お分かりの通り、保温性は期待できません。

 

正しい用法で

それぞれ特徴のある服を組み合わせることによって、できるだけ最高の状態で、アクティビティを楽しむというのが、僕の考えるパタゴニアの着かたです。どんな服を着ているのか覚えていないくらい、アクティビティに夢中になっているときがあります。そのときが最高の瞬間なのでしょう。そのために、ひとつひとつのレイヤーをできるだけ、その状況にあったものにしなければいけません。それが基本です。

 

夏にキャプリーン1を着ると、思いっきり汗をかいても、車の窓を全開にして10分も走れば、すぐに服が乾きます。汗をいくらかいても安心です。障子を好きなだけ破いてもいいって言われているようなものです。どんなものにも正しい用法があります。基本をしっかり抑えれば、パタゴニアを着れば年中快適に過ごせます。