What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


コーヒーについて語るときに僕の語ること 経済編

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160116204201j:plain

 

年末年始だからって、ちょっと財布の紐がゆるくなって、いつものコーヒー屋で、ゲイシャエスメラルダスペシャルとコピルアックの焙煎豆を100gずつ買った。ゲイシャは2400円、コピルアックは3200円だった。

 

コーヒーが好きな人はわかると思うけれど、ゲイシャエスメラルダスペシャルもコピルアックも、車で言うなら、ベンツとかBMWとかそんな感じだと思う。ゲイシャは、スタバで一杯2000円で売っていた。コピルアックは、スマトラ島のジャコウネコの糞から採取される。どこかで聞いたことがあるはず。いわゆる超高級スペシャリティーコーヒーで、あるホテルでは、一杯数千円もする。コーヒーが一杯で。

 

これらのコーヒーの特徴は、コーヒーじゃないことだ。ん?まあ読み進めてください。最近、コーヒーもフルーティーだとか、チョコレートのようだとか、ワインのテイスティングみたいに表現されている。そんな中にあって、ゲイシャもコピルアックはひと味もふた味も違う。NBA(アメリカのバスケ)でシャキール・オニール(216cmの大男)がダンクしてゴールを2回壊したため、ゴールが改良された。そんな感じ。ん?際だって味が違う。もはや、コーヒーじゃない。ゲイシャであり、コピルアックなのだ。

 

コンビニで買う缶コーヒー130円。チェーン店のコーヒー400円。僕のやり方のコーヒーなら、ゲイシャもコピルアックも240円から320円で飲める。どれも同じ一杯のコーヒー。手際よくコーヒーを淹れれるようになるのに時間はかかったけど、豆を買うところから飲むところまでやってみて、「じぶんでやってみること」の醍醐味に味をしめてしまった。コーヒーを淹れることからはじめる朝もいいもんだ。