What I see

なにを見て、どう思っているのか。

TOSHIKI KIDA

TOSHIKI KIDA
木田 俊樹

Let's meet somewhere in the world
kida-journal.hatenablog.com/


パタゴニアのフリースを着るなら

スポンサーリンク

f:id:toshikida:20160104173052j:plain

 

先日、パタゴニア京都に行きました。「ジャケット、フード付き、アクテビティーをしないときに着る、フリース」を求めて、スタッフの方といろいろ話して、ベターセーターを買いました。

 

フリースは、R2ジャケットしか持っていません。R2ジャケットは、中間着として着るには、最高に暖かい。アウターで着るには、風が通り過ぎて寒い。そこで、アウターとして着られるフリースが必要になったのです。

 

行く前に、ネットでフリースのラインナップを見ていて、SYNCHILLA SNAP-T PULLOVER(シンチラスナップT)、SYNCHILLA SNAP-T HOODY(スナップTのフード付きプルオーバー)、R3ジャケットが候補だろうなと思っていました。

 

さて、店に足を運んで、じっくり、見て回って、どれにしようか迷って、行き詰まったので、近くを通りかかったストアスタッフの方に話を聞きました。

 

R3ジャケットは、アウターとしてもインサレーションとしても着られます。どちらかというと、インサレーション用に、重ね着するために作られているので、思った以上に薄かったです。薄いというのは、薄くても十分に保温性があり風通しも少ないということで、悪いわけではなく、ただ僕の目的に合わなかっただけです。僕は、もう少ししっかりしたアウターとして着るフリースが欲しかった。それだけ。ただ、R3ジャケット、これすごくいい。

 

スナップTのフード付きプルオーバーが実物を見る前には、いいかなと思っていました。インサレーションとして、ナノパフのプルオーバーを持っていて、脱ぐ必要がないときには、プルオーバーってすばらしい。でもどうしても、着たり脱いだりが多くなってくると、やっぱり、ジャケットのほうが使い勝手がいい。

 

スナップTのフードなしも、プルオーバーだった。やっぱり、フードが欲しいのと、ジャケットがいいので今回はなし。

 

そんなこんなで、じゃあどうすると、これらが全部合わさったものがいいなと話していたら、ベターセーターのフードが話に出てきた。フリースではないけれど、フード付きジャケットで、アウターとして着れる分厚さがあり、見た目もかっこいい。

 

話を聞くと、R2よりも温かいという。Rシリーズは、中間着として作られているので、冬場に体を動かしているときには、もってこい。ベターセーターは、そんなに動かないときには、R2よりも暖かいそうだ。その日その方も出社時には、キャプリーン3にベターセーターだった。

 

試着してみると、思っていた以上に、しっかりしていた。R2より繊維の目も細く、風通しは少ない。この日僕は、R2ジャケットを着ていたので、その違いがはっきりとしていた。

今年の冬に街で着るなら、キャプリーン3にベターセーターで、気持ちよく過ごせそうだ。ファスナーを上まで締めれば、首を覆えます。

運動するときは、Rシリーズ、それ以外なら、ベターセーターがおすすめ。